09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-07-26 (Wed) 17:30
みにゃさん、こんばんは!
今日は雨で少し涼しいけど、毎日毎日暑いですニャ。
とける~
ヒ:溶けそうだニャ
ヒコたんは暑がりなんだなあ。

上と下の写真の色合いが違うのは撮った時間が違うからです(笑)
暖かいのがいいのニャ
ラ:zzzzzz
ラムたんは寒がりで、エアコンをかけてると暖かいテレビの裏とかに避難します。

ゴーヤ収穫
そして、収穫したゴーヤ。
左側の小さいの3つは熟してしまって黄色がでちゃった。
前日までは緑色だったし、10センチもないからまだまだだと思ってたのに。
なので、右の少し大きいのも一緒に収穫。
全部食べちゃいますよー。

えーと、あと。
また「極楽ねこカレンダーフォトコンテスト2018」に応募しました。
適当な写真だけど、よかったらポチッと応援お願いします。
↓画像クリックで投票ページに飛びます。
極楽ねこカレンダー2018
ヒ:応援ヨロシクなのニャ
変顔?のヒコたん。



さて、「ボランティア団体に相談」からの続きで、「ボランティア団体って?」です。

犬猫(動物)ボランティア団体に相談したところ、
「かたっぱしから捕まえて手術してリリースする」しかないと言っていました。

何か手伝ってもらえたりしないのかな?と考えていましたが。
この様なケースはたくさんあり、野良猫を発見し助けたいと思った人すべてを助けていたらボランティア(NPO法人)が成り立たないということで、相談したボランティア団体から協力していただけるのは、捕獲器やケージの貸し出しのみでした。

そして、いろいろ考えた。
どっちにしても、個人で(自分が住んでいない場所で)TNRをする場合は保護した野良猫を飼う覚悟でしなければいけないということ。
ヒコたんの様に健康そうに見えても大怪我をしていて介護が必要になる場合もあります。
もし大怪我や病気で、治療や介護が必要な場合、私が住んでいない場所でのTNRなのでリリース後のケアもできませんし、そのような野良猫の里親さんを探すのは厳しいでしょう。
かといって、すでに要介護のヒコたんがいるというのに、健康でない猫を飼うのは無理です。
じゃあ、もし見るからに弱っている野良猫を見つけてしまった場合に見捨てるのかと言われると・・・・・・
悩みます・・・・・・。
かなり矛盾してますが・・・・・・・。

では、犬猫ボランティア団体はどんな犬猫を助けているのか?譲渡会にいる犬猫はどこからくるのか?
(すべての犬猫ボランティア団体がそうなのかはわかりませんし私の想像ですけど)
センター(保健所?)から引き出した犬猫?
多頭飼い崩壊等の強制保護

んー、あと何かなー。
会社とか学校?とかの敷地内に野良猫が仔猫産んだとかなら助けてくれるのかも。
とにかく、個人の家の敷地で仔猫が生まれたとか言っても個人でなんとかして下さいということのようで
ヒコたんを保護し、動物病院がお休みの時に様子が変だったヒコたんを動物愛護センターの病院で診てもらえないかと問い合わせましたが、やはり、個人で保護した猫は個人でなんとかするようにって感じでしたので、犬猫ボランティア団体と同じかなと思います。
見捨てられた感じがしました。
以上、私の想像(感想)ですが。

あ、そうそう、ダメもとで申請した「さくらねこ無料不妊手術チケット」
の審査が通りチケットが届きました。
しかし、第一希望の協力病院ではない病院になってしまいました。遠いし、手術日の予約が必要らしい。
考えるとやっぱり無理な気がしてきた。
だって、現在姿をみせなくなっている猫さんたち(鳴き声は聞こえるときがあるけど)、手術予約した日の前日に捕まえられるか?
前日に捕まえられたとして、翌日病院に運ぶまでどうすりゃいい?
んー。手術日まで預かってくれるボランティア団体とかあればいいんだけどねー。
ああ、動物病院でもね、手術日の数日前に連れて行っても野良価格で預かってくれたらそれでもいけるかも。
一度その動物病院に電話して確認してみるけど・・・・・・

せめて、「さくらねこ無料不妊手術チケット」がもっと使いやすければなあ。
まあ、それでも、保護した野良猫を飼う余裕がないのでTNRは無理っぽいですけどね。


こんなことがなければ、いつか 犬猫ボランティア団体に登録して猫ボラをやってみようと思っていたけど。
もうやる気ないなあ。
預かり(ミルク)ボラとかやってもいいと考えていたんだけど。
団体によっては、預かりにかかる費用(餌、猫砂)を負担してくれるところもあるが、自己負担のところもあるしね。
なにより自分で見つけちゃった野良猫さんを助けられないんじゃね。

ともかく、現在、ダンナの実家の隣の空き地の野良猫さんたちは見かけなくなってしまったので探してまでとは考えていません。お話できたご近所さんも(1人ですが)野良猫さんたちを助けようと思っている感じではなく、糞尿問題で少々困っているといった感じで、協力してもらえそうにはないので。

野良猫さんの状況に(姿をみせるとか)変化があるまで野良猫さんの話はとりあえずココでオシマイです。
支離滅裂な長文を最後まで読んで下さりありがとうございました。


ニャンコ服写真館(2016.12.29)更新。

今日もご訪問ありがとうございました!

↓どれか1つでもポチっとしてニャ
にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ

FC2Blog Ranking

blogramのブログランキング


スポンサーサイト
| ネコさん | COM(3) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する